デレステ レゾナンス。 【解説】レゾナンス性能まとめ

デレステ、レゾナンスの効果を実感する|みーにん|note

レゾナンス デレステ

🍀 揃えた秒数に相性の良い曲(譜面)を選ぶ 最後のは大体実際にプレイした後に判明します。 今回の編成を組むまでSRの必要性をあまり感じていませんでしたが、センター効果や特技次第ではよりもスコアが出ることが知れたのは自分としては新たな発見になったと思います。 さらに、オーバーロードを特技に持つSSRアイドルもいる(一ノ瀬志希)。

19
昔はCOMBOボーナス系は限定のCOMBOボーナスしかなかったですが、今はのCOMBOボーナスよりスコア倍率も上のコーディネイトや、スコア倍率は少し落ちるものの少しの回復も得られるオールラウンドなど、にもあります。

【解説】レゾナンス性能まとめ

レゾナンス デレステ

☕ 属性および、主な特技の発動間隔「7秒・9秒・11秒」ごと。 現在7秒間隔のトリコロール・シナジーを持つアイドルは一人しかいませんが、特訓後と特訓前ならば同時に編成することができます。 「最初の特技発動タイミング」がUNIT Aなら楽曲開始からn秒後、UNIT Bなら楽曲開始から2n秒後、UNIT Cなら楽曲開始から3n秒後となる 言葉だけでは分かりにくいと思うので図で解説。

6
アンサンブルについてですが、特化値違いでも属性を寄せることで7高スキブを超えます。 属するのはメジャー秒数の9高と7高。

【デレステ】ユニット編成の目安

レゾナンス デレステ

🚀 そんな中で7高、9高、11高それぞれ相性がいい曲を自分用にまとめたものを公開します。 いろんな編成を楽しんで欲しい コンボナとスパークルと言ったような、 今まで編成に抵抗があったようなものができやすく なるのではないでしょうか。 【前】 【後】 色々試してみてこの編成に落ち着きました。

6
カバー率を見ると11高が最も強く、次いで9高も同程度の水準。 具体的に組んだユニットとライブの結果は次の通り。

【解説】レゾナンス性能まとめ

レゾナンス デレステ

🌏 また、このセンター効果を持つは特技として「リフレイン」を有します。

4
あんまりさえないようだ。

デレステ、レゾナンスの効果を実感する|みーにん|note

レゾナンス デレステ

🙄 以下秒数を意識した編成の一例。 シンデレラチャームを持つアイドルはVo,Da,Viの得意なタイプに揃えて配置する• フェス限定アイドルの特技 ここからは実装されている秒数を特技別に見ていきます。

5
CuVi特化恒常1人のみの例 編成• ファン活 LivePartyをもっと行って 欲しいとの思惑があるかと。 特技発動率にも楽曲タイプ一致効果があるのでなるべく楽曲と同じタイプのアイドルを採用するべきです。

【デレステ】ユニット編成の目安

レゾナンス デレステ

☘ スコアが少し伸びた。

20
全タイプ曲で運用する場合の必須ポテンシャルは中確率ダメガの仁奈に4。 エンブレム観点で見るともらえる量が増えるので必要。

【デレステ】レゾナンスを編成するときのポイントやその他の使いみち | ひきこもろん

レゾナンス デレステ

♻ そして、ゲストにトリコロール・アビリティを投入、放置編成を試す。 PERFECTサポート 12高 無しでも可能。

また、特に断りが無い限りレアリティ:のカードのセンター効果について扱います。 記事の内容は「理想編成について」ではなく、「今の私の手持ちの中で組めるベストな編成について」なのであくまで 参考程度に軽く見てください。

7高、9高、11高強い曲まとめ

レゾナンス デレステ

🖕 効果 ユと比較した際、• そのため、楽曲補正 30% 、ルーム効果 10% 、センター効果 各倍率 の部分は残るようです。 モチーフの代わりにオルタを入れるのも有りではある。 基本形はこれだけですが、 次に解説するルールをできるだけ守らないとスコアが伸び悩みます。

13
あくまで個人的な意見です。 具体的に組んだユニットとライブの結果は次のとおりである。

【デレステ】レゾナンスの評価と考察

レゾナンス デレステ

🤗 苦手な方は回れ右を。 ライフ回復+ライフスパークルよりもトリコロール・シナジー2人の方が強いのかなあ、と思わされる結果であった。

15
ただし、最初に特技が発動する時間 ダメージガードの7秒 以前に被るダメージは防ぎようがありません。 ちなみに、発動or不発の判定は「最後のリズムアイコンが落ちてくる時点の3秒前」まで行われます。