ラプターズ 対 バックス。 イースタン・カンファレンス決勝プレビュー: バックス対ラプターズ

クリスマスゲーム全5試合の見どころ、必見選手、5つの注目スタッツ

バックス ラプターズ 対

♻ ラプターズは30日(同29日)、ホームでサクラメント・キングスと対戦する。

昨季はカワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)が独力で局面を打開していたが、今季はその役を任されるパスカル・シアカムがまだそのレベルに達していない。

バックス戦を控え、ラプターズ指揮官は「見ていると退屈」

バックス ラプターズ 対

👎 アガスティン - 15 0 0 - 2 0 - 0 0 - 2 2 6 0 0 1 0 Torrey Craig Torrey Craig - 8 0 0 - 1 0 - 0 0 - 0 1 0 1 0 0 1 Thanasis Antetokounmpo Thanasis Antetokounmpo - 0 0 0 - 0 0 - 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 D. 彼がアウトサイドへキックアウトをすれば、すぐさまコーナーへ走っての3ポイントをチェックし、シュートチャンスを奪うことに成功。 しかしこのあと流れを変えることができず、このクオーターの4分10秒にベンチに下がった。

そうしたなかで、同クォーター残り2分50秒、タイムアウト後にとの交代ではコートに立った。 「僕たちはリードすると、少し活気が無くなるように思う。

バックス戦を控え、ラプターズ指揮官は「見ていると退屈」

バックス ラプターズ 対

👉 【投票】. ペダルを踏み続けないといけないよ」 ヒート戦やセルティックス戦と異なったのは、アデトクンボが素晴らしいパフォーマンスを魅せていたことです。 スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ノーマン パウエル ノーマン パウエル 終了 34 11 4 - 7 2 - 2 1 - 4 3 3 1 0 4 2 OG Anunoby OG Anunoby 終了 27 13 5 - 9 1 - 1 2 - 5 7 1 1 1 1 4 パスカル シアカム パスカル シアカム 捕 39 23 8 - 23 5 - 6 2 - 8 13 6 1 0 2 2 フレッド バンブリート フレッド バンブリート 試合数 39 33 12 - 22 4 - 6 5 - 12 4 7 2 0 4 3 カイル ローリー カイル ローリー 試合数 22 18 7 - 12 1 - 1 3 - 5 6 6 2 0 2 3 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Chris Boucher Chris Boucher - 30 14 4 - 8 2 - 2 4 - 7 6 1 0 5 1 1 デアンドレ ベンブリー デアンドレ ベンブリー - 18 6 3 - 3 0 - 2 0 - 0 0 0 1 0 1 3 アロン ベインズ アロン ベインズ - 18 4 2 - 3 0 - 1 0 - 0 4 1 0 0 0 0 Terence Davis Terence Davis - 7 2 1 - 3 0 - 0 0 - 1 0 0 0 0 0 0 Matt Thomas Matt Thomas - 6 0 0 - 1 0 - 0 0 - 1 1 0 0 0 0 0 スタンレー ジョンソン スタンレー ジョンソン DNP Paul Watson Paul Watson DNP スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール クリス ミドルトン クリス ミドルトン 終了 38 11 4 - 8 2 - 2 1 - 3 7 0 2 0 5 4 ヤニス アデトクンボ ヤニス アデトクンボ 終了 37 34 11 - 20 10 - 14 2 - 4 10 8 5 2 5 2 ブルック ロペス ブルック ロペス 捕 29 9 2 - 5 4 - 4 1 - 2 5 0 0 0 2 2 Donte DiVincenzo Donte DiVincenzo 試合数 32 12 5 - 14 1 - 2 1 - 8 3 8 0 0 2 1 ブリン フォーブス ブリン フォーブス 試合数 26 11 3 - 7 2 - 3 3 - 5 2 0 1 0 0 1 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール パット コノートン パット コノートン - 31 20 8 - 15 0 - 0 4 - 10 5 1 0 3 1 2 ボビー ポーティス ボビー ポーティス - 24 16 7 - 11 0 - 0 2 - 3 6 2 1 0 1 4 D. 互いにインサイドを固めて、3ポイントを意図的に相手に打たせることを守備の決め事にしており、それはペイント内の失点数(バックス:38. (パスカル)シアカムはチームのために大きく成長した。

14
今季12回目の出場となった渡辺にはこの日、14分のプレータイムが与えられ、フィールドゴール(FG)を5本中2本成功(3点シュートは3本中1本)させて5得点。

トロントラプターズ V/S ミルウォーキーバックス

バックス ラプターズ 対

✋ カワイ(レナード)は居ない。 786)は球団史上2番目のハイペース。 4リバウンドを記録。

2
3点シュートの試投数は今季19本(成功7本)となり、グリズリーズでNBAデビューを果たした2018年シーズンの16本(15試合=成功2本)を12試合で超えた。

キャリアハイに並ぶ7リバウンドを記録したラプターズの渡邊雄太…ディフェンスでアデトクンボと1対1をする場面も

バックス ラプターズ 対

⚛ 9分しか出場していませんが、MVP候補の選手としてその出場時間は前例が無いほど少ないものです。 昨年5月のプレイオフで対戦してバックスを破って以来一度しか対戦していないこともあり、ラプターズは現在のバックスについて、基本的に外からの印象を強く持っています。 イーストのトップ2に君臨するバックスとラプターズは、どちらも守備を最大の売りにしている。

8
その後も味方へ果敢にスクリーンをセットし、ディフェンスのローテーションを崩さなかった渡邊は、最終的に13分53秒の出場時間で5得点とキャリアハイに並ぶ7リバウンドをマークした。

キャリアハイに並ぶ7リバウンドを記録したラプターズの渡邊雄太…ディフェンスでアデトクンボと1対1をする場面も

バックス ラプターズ 対

👀 ラプターズは7勝11敗、バックスは11勝6敗となった。

15
「改善しないといけない。