さっちゃん 呪い の 4 番。 サッちゃん 童謡・唱歌の謎

「サッちゃん」は本当は怖い歌?10番まである?4番を歌うと死ぬ?

番 の 4 さっちゃん 呪い

🤣 しかし、この歌詞が波紋を呼び、「 バナナを半分食べた所で喉をつまらせて亡くなった」 という意味に捉えるようになってしまいます。 なるほど、それなら実名であるサワコと歌詞の中の名前のサチコとで微妙に異なっていることも納得だし、ずっと実家暮らしであったという阿川佐和子が「遠くに行っちゃう」という点に矛盾も起こらない。 そして居眠り運転トラックに巻き込まれたのでしょうか。

2
3時間いないに 5人の人に送ってください。

【都市伝説】さっちゃんはねの歌が怖い?4番以降の歌詞についても紹介

番 の 4 さっちゃん 呪い

😊 彼女は必死で逃げようとしましたがよけきれず 電車に引かれてしまいました。

8
日本人なら誰もが知っている童謡の「さっちゃん」という可愛らしい歌があります。 その後は仲間を求めて無差別に無差別に襲い掛かるさっちゃん。

童謡『さっちゃん』には4番の歌詞があって、大変恐い歌詞だそうですが、ど...

番 の 4 さっちゃん 呪い

☏ 存在しない駅きさらぎ駅『はすみ』の真相とは?インターネット上で有名となったきさらぎ駅。

5
さっちゃん病気説も… さっちゃんはバナナを半分食べたところで事故にあったという都市伝説とともに、もう一つ有名な伝説があります。

童謡『さっちゃん』には4番の歌詞があって、大変恐い歌詞だそうですが、ど...

番 の 4 さっちゃん 呪い

🤪 殺人説 日本には『てるてる坊主』殺人説があります。 一応、これは子ども番組というテイのはずだが、スタッフは子どもに トラウマを植え付ける気しかなかったのだろうか。

11
最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。 児童文学作家の阪田寛夫 1925~2005 、作曲家の大中恩によって生み出され、1959年にNHKラジオ「歌のおばさん」で初めて放送された。

【本当に怖い歌】不気味すぎる!童謡の歌詞に隠された秘密や悲しい曲を紹介 2021年2月

番 の 4 さっちゃん 呪い

😃 どれも「トイレの花子さん」や「呪いのビデオ」を彷彿とさせる不気味なものばかりだ。 作詞の阪田と作曲の大中はである。

どういう事かと言うと、つまり『歌詞』にまつわる『都市伝説』が『 映像化される』という現象のことだ。 なんらかの理由があって もう帰って来れないことを察している父親が、 愛する息子に自分の気持ちや愛情をめいっぱい伝えようとしている……といわれています。

サッちゃん

番 の 4 さっちゃん 呪い

🙌 そして心霊. 歌詞からあらゆる解釈ができる「かごめかごめ」 かごめ かごめ かごのなかのとりは いついつでやる よあけのばんに つるとかめがすべった うしろのしょうめんだーれ 『かごめかごめ』も子供たちによく歌われた有名な童謡です。 3番を簡単に説明すると、「 天気にしてくれなくちゃ首を切り落とすぞ」という内容です。 サッちゃんがね とおくへいっちゃうって ほんとかな だけど ちっちゃいから ぼくのこと わすれて しまうだろ さびしいな サッちゃん しかし、この続きに知られざる4番目の歌詞が存在するというのだが、みなさんはご存知だろうか? 実は「サッちゃん」は北海道の室蘭に実在していたある少女がモデルとなっているのだ。

この歌の内容を「交通事故死したバナナが好物の女の子がモデル」「歌詞には続きがあり、それを知ると呪われる」などとしたが存在するが、概要の記述の通りモデルは阪田の幼馴染みであり、都市伝説はまったくのデマである。