NRI AWSビジネスユニット

References

エンタープライズ向け「Amazon Web Services」対応セキュリティリファレンス

アジア・パシフィック地域で現地ルールに沿った事業展開を支援

グローバルにビジネスを展開する企業は、各国に設置した拠点で利用する、安全で高品質な情報システムを準備する必要があります。AWSなど、グローバルでサービスを提供するクラウドインフラを利用することで、その実現が容易となります。しかし、それを利用する企業等は、各国の政府当局や業界団体が定める、セキュリティ確保やリスク管理に関するルールに対応する必要があり、そのためのシステム修正作業等の負荷が課題となっています。

第一弾として、MAS TRMガイドラインに対応

各国のルールに準拠した形でAWSを利用するために、アジア・パシフィック地域のビジネスの中心として、重要性が高まっているシンガポールで定められた、基準の厳しい金融情報システム向けのMAS TRMガイドラインに対応する事を目標に、本手引書を作成しました。シンガポール金融管理局(MAS: Monetary Authority of Singapore)が定めるテクノロジー・リスク管理(TRM: The Technology Risk Management)ガイドラインは2013年6月21日に公開、2014年7月1日より施行されています。

続きを見る

金融機関向け「Amazon Web Services」対応セキュリティリファレンス

セキュリティリファレンスとは?

Amazon Web Services活用における、「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」第8版追補に対応したセキュリティリファレンスです。

FISC「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」第8版追補に対応

FISCが発刊する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」は、1985年12月に金融機関等の自主基準として策定されて以来、現在まで金融情報システムに関する安全対策のよりどころとして広く活用されています。同基準・解説書は、138の設備基準、115の運用基準、53の技術基準から構成されており、セキュリティリファレンスでは、これらの基準ごとにAWSのセキュリティ対応状況を調査した結果を整理しました。

続きを見る