日本初、AWSの「金融サービスコンピテンシー」認定を取得

2017.10.06

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2017年8月、アマゾン ウェブ サービス※1(以下「AWS」)のパートナー認定制度である「AWS コンピテンシープログラム」において、日本のパートナーとして初めて、「金融サービスコンピテンシー」を取得しました。

AWS コンピテンシープログラム

NRIは、AWSの「AWS パートナーネットワーク(以下「APN」)」に加入しており、その中で特にクラウド全般における導入実績や技術力などで優れているとして、最上位ランクである「APNプレミアコンサルティングパートナー」に、2013年度から5年連続で認定されています。

「AWS コンピテンシープログラム」は、特定の専門領域について習熟した技術を持ち、お客様のビジネスの成功に貢献できるAPN パートナーであることを実証するために、設計されています。AWS コンピテンシーの取得は、そのパートナーが特定のソリューション分野の専門知識を持っていることの証しです。

評価ポイント

今回の金融サービスコンピテンシーの取得にあたっては、NRIの金融に関する豊富な専門知識とAWS のアーキテクチャのベストプラクティスに従ったスピーディかつ実装可能なソリューションを持っていること、そして、これまで多くの金融機関に対してAWSを導入してきた実績が高く評価されました。

NRIは2016年度までに、「AWS ビッグデータコンピテンシー」、「AWS Oracle コンピテンシー」、「AWS SAP コンピテンシー」の認定を取得してきました。2017年4月には、「AWS 移行コンピテンシー」、5月には「AWSセキュリティコンピテンシー」、8月には今回の「AWS 金融サービスコンピテンシー」の認定を取得し、合計6つの専門領域でのAWSコンピテンシー認定を取得しています。

また、7月には「MSP(マネージド・サービス・プロバイダ)プログラム」(バージョン3.1)認定を取得しました。「MSPプログラム」は、クラウドインフラストラクチャおよびアプリケーションにおける高度な移行スキルと、お客様のAWS環境の監視や自動化された運用を積極的に行うことのできる次世代運用管理能力を持つAPNパートナーが認定されるパートナー認定プログラムで、NRIは3年連続での取得となりました。

NRIは、これらの認定されたAWSに関わるコンピテンシーを活かし、金融機関をはじめとした企業に対して、クラウドの導入や既存のデータセンター資産を活用したハイブリッド環境の導入支援、さらにはそれらをワンストップで統合的に運用するためのソリューションの提供を通じて、お客様の「クラウド・ジャーニー」を幅広く支援していきます。