進撃 の 巨人 タイトル 回収。 【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

タイトル 進撃 の 回収 巨人

🤣 ちなみにエレンの真意については「」で考察しているので、気になる方はご覧になってください。 そして、エレンがグリシャから始祖の巨人の力を継承したのが西暦845年。 が、116話で「エレンがミカサのことを言葉で傷つけた」という話をアルミンから聞いたジャンは「そこに奴の真意があるんじゃないのか?」と発言していました。

1
「妻でも子供でも街の人でもいい 壁の中で人を愛せ」「それができなければ繰り返すだけだ 同じ歴史を同じ過ちを何度も」「 ミカサやアルミンみんなを守りたいなら使命を全うしろ」そう、ミカサやアルミンを知るはずのないエレン・クルーガーの口から「ミカサやアルミン」という言葉が出てきているのです。 ここで「あれ??」と思いませんか??そうなんです、 1987に13を足すと2000という数字が浮かび上がります。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

タイトル 進撃 の 回収 巨人

⚔ 始祖の巨人の力でエルディア人を子供が産めない構造に変え、そのままエルディア人の自然消滅を狙うのがジークの計画。

1
アニが拘束されてから特に進展することなく、現在はマーレ編まできてしまいました。 1話「二千年後の君へ」の伏線ポイント!! 進撃の巨人の1話には、いくつかまだ回収されていない伏線・謎があります。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

タイトル 進撃 の 回収 巨人

💅 最初にライベルに壁を破られたのが845年ですので、それから5年後ということですね。 調査兵団の作戦によって捕まってしまいました。

エレン・クルーガーの発言 エレン・クルーガーはグリシャの前の進撃の巨人の継承者で、マーレの軍にスパイとして潜伏していたエルディア復権派の男。 これも「未来の記憶を継承できる」ことの伏線なのかなと思います。

【進撃の巨人】伏線がちりばめられている1話!!【エレン涙のわけ】

タイトル 進撃 の 回収 巨人

👌 高評価・コメント・チャンネル登録していただけると泣いて喜びます!!. なので、今のエレンは仮初めの姿で、ジャンの言う通り真意は違うとかにあるのかなぁ〜と思っています。 すると、 ジークは謎の場所で謎の少女に介抱される。

フリッツ家は145代フリッツ王のときにパラディ島に逃げ込んだ(そのときの西暦が743年)• エレンの真意 現在エレンは調査兵団ではなく、ジークについています。 ただ、「二千年後の君」が誰のことを指すのかはまだ不明なのでそこが気になるところですね。

【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

タイトル 進撃 の 回収 巨人

🙄。 つまり、 エレンの寿命が尽きるのが始祖の巨人誕生から2000年後になるということです。 ポルコがアニのことを救出してアニが戦いに加わるのか、それともアニの女型の巨人の力が誰かに継承されるのか、どういう展開になるのか非常に気になるところであります。

17
「二千年後の君へ」というタイトルの意味は、「エレンの寿命が尽きた後の次の継承者へ」という意味になりますよね??これが現在有力な「二千年後の君へ」の考察です。 ナガトが見つけたものをざっと紹介していきます。

【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

タイトル 進撃 の 回収 巨人

📞 この段階でミカサやアルミンはまだ生まれていません。 そんなエレンが「エルディア人が子供を産めなくなり、そのまま自然消滅していく」という未来を「自由」と捉えるわけがないと思うんですよ。

1
また再登場はあると思いますし、作中の重要キャラの可能性は高いので今後も謎の少女には注目しておきたいところです。