俺 ガイル ss ヤンデレ。 【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

ガイル ss ヤンデレ 俺

👋 「八幡、お風呂の準備ができたわ。 あれ?かおりさん一人だけなんですか?」 折本 「え!?あ、ああ比企谷は今ちょっと出かけてる。

2
」 「じゃあまた後で電話するねー!ばいばーい!」 「ちょ、ちょっと由比ヶ浜さん?」 電話は切れたようだ。 聞くだけだからな。

折本 「私、比企谷にアタックする事にした」【俺ガイルss/アニメss】

ガイル ss ヤンデレ 俺

✆ と これでOK! って ん? あーし『わかった今すぐヒキオん家行くからちょっとまってろし』 八幡「」 間違って三浦に送ってしまった… い、今からでもまだ間に合う! ピンポーン …. From:比企谷 Subject:無題 本文:今日買った本忘れてっただろ。

8
「え、ヒッキー帰るの?じゃあね。

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

ガイル ss ヤンデレ 俺

👊 本当に身一つなんだよ。 Contents• 28 ここからは『』がLineの中のセリフです 「」が普通に本人が発した言葉です。 」 八幡 「これで分かったろ。

14
」 「ダメそうだったら目で合図して。 ちょっと試し読みしたいなぁって。

【俺ガイル・ヒッキーSS】雪ノ下陽乃「へぇ..比企谷君って年上が好みなんだ…」 八幡「そ、そんなこと無いです!」

ガイル ss ヤンデレ 俺

🤭 「お、おう・・・」 雪ノ下の言う通り無視することにした。 Contents• ねぇよ、むしろこれから先もずっと何もないまである」 いろは「へぇ、じゃあ結衣先輩と何かあったんですね?」 八幡「!? ゆ、ともなんもねぇよ……」 いろは「ふーん……結衣先輩となんかあったんですか?」 八幡「だ、だからなんもな……」 いろは「あったんですよね」 八幡「い、一色眼が怖いんだが……」 いろは「気のせいですよ、それともわたしが嫉妬してるとも言うんですか?ごめんなさい、自意識過剰で気持ち悪いです」 八幡「いや、そんなこと言っていないんだが……」 いろは「……でも」 八幡「?」 いろは「……わたし以外の人に先輩がデレデレしてるのは気に入りませんね」 八幡 一色がなんか怖い。

続では一色いろはが無双しているし2クールとは言わないけれどもっとこう話数をどうにか増やしてくれ。

【俺ガイルSS】雪ノ下「比企谷君の首を絞めたい」【ヤンデレ】

ガイル ss ヤンデレ 俺

⚔ 不思議だな。 手に入れてしばらくしてから貴方の価値が分からなくなったわ。 23 ID:YXfHui9i0 放課後。

15
部活中に、部長に入れてもらった紅茶が変な味がして、しばらく身体が麻痺した時の俺の焦りが。

【俺ガイル・ヒッキーSS】雪ノ下陽乃「へぇ..比企谷君って年上が好みなんだ…」 八幡「そ、そんなこと無いです!」

ガイル ss ヤンデレ 俺

✊ さよなら」 めぐり「うん!また後でね!」 やっと一息つけるな………. ただ、俺に背を向けて座っているおかげで背中くらいしかまともに確認できない。 今日一日あったことが夢だったかのように落着く 雪乃「そういえば……」 八幡「……ん?」スズッ 雪乃「さんが比企谷君に『壁ドン』をしてしまった。

9
」 「そ、それは恥ずかしいに決まっているじゃない・・・。 65 まあとりあえずどこに行くのか聞こう 八幡「…それで、どこに行くんですか?」 めぐり「うーん、場所は決めてないけど比企谷君とデートしようと思って!」 八幡「…は?」 めぐり「聞こえなかったかな?デートだよ、デート」 やばい頭痛がしてきた は?めぐり先輩が俺と?デート? ますます意味が分からない。と、とりあえず理由を聞いてみよう きっとあれだ、めぐり先輩は天然だから、無意識のうちに言ってるんだろう この程度でエリートボッチは動かないぞ! 八幡「えーと、何で俺と何ですか? 別に俺達付き合ってるわけでもないのに」 めぐり「………え?」 ん?どうしたんだ? そんな世界が終わったみたい表情して めぐり「な、何言ってるの?」 八幡「え?」 八幡 めぐり「……. 」 「うわー。

いろは「これで先輩はわたしの物ですね」【俺ガイルss/アニメss】

ガイル ss ヤンデレ 俺

🌭 おかげですっきりしたし」 八幡 「そっか」 折本 「告白したかっただけだから、もう帰るね」 八幡 「お、おう。

14
もしかして俺のせい?俺のせいなの?お兄ちゃん変な気を遣わせてごめん。

『俺ガイル』折本かおりがヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

ガイル ss ヤンデレ 俺

🙂 09 ID:YXfHui9i0 八幡「んー……。 んで折本がおススメの本を教えてくれって言うからその流れだ」 いろは 「じゃあもう用事は済んだんですよね?じゃあこの後、一緒にデートしませんか?」 八幡 「いやしないから。

12
」 雪乃「返しなさいよ!?私の200億を…」 10年後 子「パパー!遊ぼうよ!」 八幡「よし遊ぶか!」 雪乃「今日はご馳走だから早く帰ってくるのよ!あとパパは疲れているのだからあまり無理はさせちゃダメよ!」 八幡 あのあと俺と雪乃は最後のチャンスにかけた。 興味湧いたし」 八幡 「ならここに一巻あるぞ」スッ 折本 「もし買って面白くなかったらもったいないじゃん。

めぐり「ひ、比企谷くぅん……」

ガイル ss ヤンデレ 俺

🍀 これかおり勝てないんじゃね?比企谷君の考えてる事めっちゃ分かってんじゃん 女子A 「そういう事情があったんだね」 八幡 「いや本当に自分が嫌なだけだから」 女子A 「そういう事にしておくね」 結衣 「その服可愛いね」 女子A 「やっぱそう思う?比企谷君はどうかな?」バッ 八幡 「こいつにも言ったけど女子の服なんて全然分からないから」 女子A 「えー比企谷君の感覚で良いから教えて欲しいな」 色々行くチャンスかもね 八幡 「まぁ良いんじゃない?少なくとも俺は嫌いじゃない」 女子A 「へぇーそっか。

俺だけが見られるのは間違っている・・・! 「おい、雪ノ下。