気象庁 青森。 気象庁|過去の気象データ検索

気象庁

青森 気象庁

😆 金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないでしょう。 さらに、24時間体制で海上保安庁が発表する緊急情報や気象庁発表の気象警報・注意報などを、事前に登録されたメールアドレスに配信するも提供しています。

18
また、震度4の揺れを、青森県の八戸市、三戸町、五戸町、南部町、それに岩手県の盛岡市、軽米町で観測しました。 そのうえで、「これから2、3日は同程度の規模の地震の可能性があり注意が必要だ。

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

青森 気象庁

👐 海の安全情報とは 海上保安庁では、プレジャーボートや漁船などの船舶運航者やマリンレジャー愛好者の方々に対して、全国各地の灯台などで観測した風向、風速、波高などの局地的な気象・海象の現況、海上工事の状況、海上模様が把握できるライブカメラなどの「海の安全情報」をリアルタイムに提供しています。 四国でも全域でピーク時期に入り、3月上旬まで続くでしょう。

20
このページに掲載している「気象警報・注意報や天気予報の発表区域の図」は、これらの細分区域の境界を地図上で示したものです。

気象庁|過去の気象データ検索

青森 気象庁

😉 地図の管区名をクリックするとその地域の情報を確認することができます。 【花粉の種類について】 北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。 【飛散量に関する言葉の説明】 非常に多い :前シーズン 例年 の200%以上 多い :前シーズン 例年 の150%以上200%未満 やや多い :前シーズン 例年 の110%以上150%未満 前シーズン 例年 並 :前シーズン 例年 の90%以上110%未満 やや少ない :前シーズン 例年 の70%以上90%未満 少ない :前シーズン 例年 の50%以上70%未満 非常に少ない :前シーズン 例年 の50%未満 ----------------------------------------------------------- 前シーズン :2020年シーズン飛散量 例年 :過去10年 2011~2020年 の平均値 【2020年夏の気象に関する言葉の説明】 平年 :1981~2010年の平均値. 金沢・仙台のピークは例年並みで、3月中旬から下旬にかけてとなるでしょう。

今回の地震について気象庁は、東北沖の巨大地震の余震だと考えられるとしたうえで、「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどが起こりやすくなっている可能性があるので、今後の地震活動に注意が必要だ。

青森県で震度5弱を観測 気象庁「2、3日程度大きな地震に注意」

青森 気象庁

🖐 気象警報・注意報や天気予報の発表区域 天気予報は、 各都道府県をいくつかに分けた一次細分区域単位で発表します。 名古屋・東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなる見込みです。 一次細分区域とは、府県天気予報を定常的に細分して行う区域です。

市町村等をまとめた地域とは、二次細分区域ごとに発表する気象警報・注意報の発表状況を地域的に概観するために、災害特性や都道府県の防災関係機関等の管轄範囲などを考慮してまとめた区域です。 海の安全情報は、主にインターネットで提供しており、特に、スマートフォンのGPS機能を利用して、現在地周辺の情報や気象・海象の現況、海上安全情報など様々な情報が地図画面上で一目で分かるも運用しています。

青森県で震度5弱を観測 気象庁「2、3日程度大きな地震に注意」

青森 気象庁

👀 今回地震が起きた岩手県沖では、1995年(平成7年)にもマグニチュード7. 青森県で震度5弱は去年12月以来 今回の地震について、地震のメカニズムに詳しい東京大学地震研究所の古村孝志教授は、「震源の深さやメカニズムから、海側から沈み込んでいる太平洋プレートと、陸側のプレートとの間で起きた地震だとみられる。 市町村(東京特別区は区)を原則としますが、一部市町村を分割して設定している場合があります。 なお、メールによる送信が困難な方のため、FAXをご用意しております。

6
気象庁の観測によりますと、震源の深さは48キロで、この地震による津波はありませんでした。 二次細分区域とは、気象警報・注意報の発表に用いる区域です。

2021年 春の花粉飛散予測(第4報)

青森 気象庁

✌ 6の地震があり、青森県階上町で震度5弱の揺れを観測しました。 気象特性、災害特性及び地理的特性により府県予報区を分割しています。

ご質問につきましては、回答にお時間がかかったり、 内容によっては回答いたしかねる場合もございますので、ご了承ください。

青森県で震度5弱を観測 気象庁「2、3日程度大きな地震に注意」

青森 気象庁

🖐 2の地震が起きるなどふだんから地震活動が活発な地域だ。 また、 警報や注意報は、 二次細分区域単位で発表します。

今後1週間ほどは最大震度5弱程度の地震に注意し、特に今後2、3日程度は規模の大きな地震が発生することがあるので注意してほしい」と呼びかけています。 これは、この先全国的に気温が高くなることが予想されるためです。

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

青森 気象庁

😩 灰色の実線で囲まれた区域が二次細分区域を表し、影付き文字でその名称を記しています。 。