マヤ 暦 人類 滅亡。 人類滅亡?3月20日がマヤ暦の終末説とインド暦の終わりと一致!

2012年人類滅亡説

滅亡 マヤ 暦 人類

💖 しかしこの染料を儀式の生け贄の体に塗る、という不思議な風習があります。 気候変動による干ばつ その時代の地質を調べた結果滅んだとされる時代に、大規模な干ばつが起きていたということが分かりました。 長期暦のへの換算は様々な計算法が確立されているが、現在有力視されているのはである。

13
しかし、2020年3月20日、特に大きな出来事はなく人類は存続しています。 『』 - 公開 芸術 [ ]• しかし、その後になってマヤ暦を西暦に換算する際、 「うるう年」を考慮に入れていなかったりなど諸々の 計算ミスがあり、その誤差を修正すると・・・ 本当は 「2020年3月20日」に終わるのが正しいとする説が発表されました。

3つの都市伝説から導かれる『新型コロナ世界滅亡説』がいよいよ現実味を帯びてきた

滅亡 マヤ 暦 人類

😁 その中でも最も注目されているのが、作家・セミナー講師の並木良和氏が提唱している「2020年3月20日春分の日にゲートが閉じる」という話と言われています。

12
しかし、その後になってマヤ暦を西暦に換算する際、 「うるう年」を考慮に入れていなかったりなど諸々の 計算ミスがあり、その誤差を修正すると・・・ 本当は 「2020年3月20日」に終わるのが正しいとする説が発表されました。 また、今年の12月21日は冬至であり、その翌日には200年ぶりの一大イベント、グレート・コンジャンクションが控えている。

clouds.nri.com : 新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

滅亡 マヤ 暦 人類

🤟 人間って、基本的にヒマだったり、「ないものねだり」だったりするんです。 Contents• でも、すべてをつなげて考えると・・・けっして笑って話せる内容ではありません。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。

9
他にも儀式として人間を当たり前のように、「生け贄」として神へ捧げていた文明でもあります。

マヤ暦は「2019年12月21日に人類滅亡」だったことが確定! 特大ポールシフトで人類滅亡、地球崩壊へ!

滅亡 マヤ 暦 人類

👏 それだけマヤ文明に、魅力を感じている人が多いということだね! バケオ マヤ文明の予言~2012年人類滅亡!?~ さて基本的な知識を一通り調べてきたところで、本日のメインディッシュにいよいよ入っていきましょう。 ジョージア・ガイドストーンに書かれた10のメッセージ(出典:) これはアメリカのジョージア州アトランタの東方140キロの地点にある石碑です。 は3rdアルバムで、2012年人類滅亡説をコンセプトの一つとして挙げている。

17
もちろん破壊神カルキがどんな風にして世界を終わらせるのかまではハッキリしていないので「マヤの予言と同じだ!」とまでは言えないですけど。

「2020年3月21日」に人類滅亡!インド暦とマヤ暦の終わりが一致!

滅亡 マヤ 暦 人類

☺ そういえば先月も小惑星「2019OK」が時速87,000キロという驚異の速度で、地球をニアミスして通ったというニュースが話題になりました。 長期暦は5125年を1つの周期としているもので、当初は2012年12月21日がその周期の終わりの日という計算がされていました。 2020年と言えば、ここ日本で 東京オリンピックが開催されることになっていますが・・・非常に気になりますね。

水の確保は生きていくのに最重要課題と先程も言いましたが、この河川の無い地域に暮らしていたマヤの人々は一体どのようにしていたのでしょうか? マヤの人々は雨水を貯水する、という技術を手に入れました。 マヤ暦をフランスの科学者が計算し直すと、正しい終末の日は 「2020年3月20日」であったという。

2012年人類滅亡説

滅亡 マヤ 暦 人類

📱 水不足により主食であったトウモロコシが収穫できず食糧難になったことで暴動が発生し、国を捨てる者や命を落とした者が多く滅亡へと傾いていったというのが現在の一番の説です。

14
マヤ歴やインド歴のままだと、ワニくんの世界でも超新星爆発が起きてしまうのですかね。

【人類滅亡】2020年3月20日、マヤ暦のカレンダーでこの世の終わりと予言

滅亡 マヤ 暦 人類

⚔ 現在の人類の生活の成り立ちの基盤になっている、有名な4大文明にもそれぞれ近くには大きな川が流れています。 古代マヤ人は優れた数学者で、時間の記録に長けていたとされています。

つまり、 インド暦とマヤ暦の終わりは、 2020年3月20日で ピタリと一致していたのです! 以上のことを長年調べている、フランスの科学ジャーナリスト モーリス・シャトラン氏は 2020年3月20日がインド暦とマヤ暦の最後の日となるため、 人類が滅亡するのは、その翌日の 2020年3月21日 ・・・と主張しています! 彼の説によれば、この日オリオン座 ベテルギウスで超新星爆発が起こることが人類滅亡のきっかけになるのではないかと考えているようです。

「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!

滅亡 マヤ 暦 人類

🍀 例えば、カルトゥン・カレンダー(K'ALTUN)では約256年を一つの周期として、現サイクルは1827年に始まりで1つの区切りとなるが、その後も新しいサイクルに入るだけで終わりはない。 の著書『マヤの予言』の影響を指摘する者もいる。

2
その世界観では現在の世界は第5の時代に当たっており、先行していた4つの世界はいずれも何らかの要因で滅んだとされている(それぞれがどのような要因で滅んだかは、資料によって違いがある)。