特性 要因 図。 特性要因図~品質管理の知識

第156話|誰でも使えるQC7つ道具その3(パレート図と特性要因図)

要因 図 特性

😄 視覚化されるため問題意識を共有しやすい 物事に潜む問題点というのはさまざまな形をしているため、同じ物差しで検証するのは難しいものです。 ここでとるべき対策としては、採用の強化とコミュニケーションの活性化と目標意識の共有です。

10
パレート図から、少なくとも 商品Aは重点的に扱うべき商品ということが分かります。

QC特性要因図の作り方

要因 図 特性

✊ 特性要因図を使って何をするか? 原因を整理して、議論するための材料 毎日の生産活動の中では、様々な問題や品質不良が発生しますが、多くの問題や品質不良を恒久的な対策ではなく、応急処置で済ませてしまっていることはないでしょうか? 問題解決にあたって、原因と考えられるモノは非常に多く、様々な要因が絡み合って複雑になっています。 管理用に使用します。

誤りやすい点 [ ] 原因を追跡すると称して 管理用-特性要因図を作成する指導例が多く見られる。

課題解決のヒントは骨?【特性要因図】で原因を特定しよう

要因 図 特性

⚠ 孫骨:小骨のそれぞれの理由を挙げる ここまで来れば作成も大詰めです。 大骨を書く 大骨を書き込みます。 管理図• 反対に、「不良の発生」に対しても、その原因を明らかにして、対策を打つ事が重要です。

2
この背骨に沿う形で要因・背景を深堀りしていくことになるためです。 特性要因図は、結果(特性)に原因(要因)が、どのように関係し、影響しているのかを一覧に書き出したもので、問題改善の手がかりを得る方法として効果があります。

フィッシュボーンチャートとは? 初心者でも3ステップで完成!

要因 図 特性

🤛 先ず、ヒストグラムや管理図などで1つの定量データの特徴を把握• 【4Mの要素】• 工程の技術レベルがどんどん向上してゆきます。 まとめ もともとは製造現場で不良品の発生や事故などの原因を特定する手段として考案された特性要因図ですが、その後の進化によってさまざまな業種や活動に応用されるようになりました。

13
ですのでここは要点だけまとめたいと思います。

系統図、散布図、特性要因図、パレート図

要因 図 特性

👊 問題が起こりそうな要因を洗い出す 最も代表的な目的が、問題が起こりそうな要因を事前に管理できることです。 1-2.特性要因図の作成方法 特性要因図は、たった4つのステップで完成します。

10
特性要因図 図が魚の骨の形に似ていることから、フィッシュボーン図とも呼ばれます。

特性要因図とは

要因 図 特性

😎 大骨に対し「なぜこうなったのか」と原因を考え、「ツッコミ」を入れる感覚で書き込みます。

16
特性要因図では、思わしくない結果をもたらす要因として不適切な管理や考え方、対策、または怠慢など問題が含まれているもののことを「原因」と呼びます。

課題解決のヒントは骨?【特性要因図】で原因を特定しよう

要因 図 特性

👐 こうしたソフトを使ってゼロから作成することも可能ですが、すでにテンプレートとして無料で提供されているものが多数あるので、今すぐ特性要因図を簡単に作成できるツールとしてご紹介します。

16
特性要因図を必要とするということは、結果に対して何らかの不満がある可能性が高いので、その意図しない結果をもたらした原因を探すのが特性要因図の主な用途です。

QC7つ道具の「特性要因図」とは?書き方や使用用途について解説

要因 図 特性

✇ 要因と対策を混同しないように注意しながら、ブレーンストーミングを用いるとよいでしょう。 関連記事: 関連資料ダウンロード:. まずは、前述した「4M」や「3C」といった フレームワークに当てはまる要因を書きましょう。 この段階で大切になのは、対策と要因を混同しないことです。

12
洗い出した要因を整理・解析し、真因の検証をする。

系統図、散布図、特性要因図、パレート図

要因 図 特性

🤲 QCストーリー要因解析の基本的なフレームワークは4Mですが 初心者の方はもちろん4M,5Mなどの層別パターンを覚えておくことは大事です。 パレートの法則(80:20の法則)という名で有名です。 1、系統図 系統図は、目的の達成手段をみつけるために「目的-手段」の連鎖を階層的に表現した図です。

9
そして、作成するのに詰まったら対処しましょう。 必要であれば対策案を作成して対策を打ちます。