トニー シャ プロン。 主審が選手に“報復キック”、その後レッドカード!? PSGの試合で不可解判定(フットボールチャンネル)

主審が選手に報復のキック? 経験豊富な人物の“暴挙”。前代未聞、衝撃的な珍事の顛末(フットボールチャンネル)試合終盤に起きたとんでもない珍事 1月14日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

シャ プロン トニー

😒 今年1月、とある主審の前代未聞の行動が物議を醸した。 男の恋も女の恋も実は空の下やと海の上の場所に決して越える事ができない限界が潜んでいる事に気がつかない確率が高い。 だが…」. 衝突した際、私は最近けがをした箇所に鋭い痛みを感じた。

12
あれ(イブラの振る舞い)は無礼だったと思う。 だから彼に『いったいなんのつもりだ?』と聞いたら彼は僕にイエロー、続いてレッドカードを突きつけた。

「蹴り飛ばしたいわけでは…」

シャ プロン トニー

👊 すると主審は倒れたままカルロスに足払いを見舞うと、さらに同選手にこの試合2枚目のイエローカードを突き付け、観客とテレビの前のファンをあぜんとさせた。

15
PSGのカウンターの場面で、シャプロン主審は自陣へ戻るナントのCBディエゴ・カルロス()と接触して転倒。

選手に蹴りを入れた審判、半年間の職務停止処分に 仏1部 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

シャ プロン トニー

💙 この試合で主審を務めていたトニー・シャプロン氏は、プレー中に偶然、接触したナントのブラジル人DFジエゴ・カルロスに報復キックを見舞い、さらに同選手を退場処分にするという、暴挙とも言うべき裁定を下したのである。 あと数分で試合終了、という時間帯、PSGのキリアン・ムバッペがドリブルで相手ゴールめがけて猛スピードで駆け上がると、ピッチ全体が彼を追う方向に動いた。 だが、ピッチ上では別人だ。

彼が口にすることを(本心では)思っていないことを願っている」 トニー・シャプロン(元審判) 「(ハットトリックのボールを渡さなかった件について) 彼は近づいてくると、指を鳴らして『ボール!』とだけ言ったんだ。 シャプロン氏は、カードを乱発することで有名なタイプの審判ではないが、以前から「選手からの挑発、申し立てに厳しい」といった面はクローズアップされていた。

意外と知られていないトニー・シャプロンのテクニック 10選と恋愛成就

シャ プロン トニー

😒 ナント対パリ・サンジェルマンの試合を担当したシャプロン氏は、ナントのDFジエゴ・カルロスとの偶然の衝突で転倒。

15
「不適切でまずい行為だった。

選手に蹴り入れて引退した審判がまさかの発言…「メディアとSNSが…」

シャ プロン トニー

😍 そもそも突然進路を変えて自分の前に出てきたのは彼。

4
問題の場面はPSGが1点リードして迎えた試合終盤に起きた。

「イブラヒモヴィッチはウザい、クレイジーな奴」あの“報復主審”が酷評!

シャ プロン トニー

✋ 屈強なディフェンダーを転倒させるに十分な威力はなかったが、ブラジル人DFは突然の出来事に呆然。 話し合いに立ち会った同主審の弁護士は、「面会は落ち着いた雰囲気で行われた。 それで?』という反応だった。

16
素晴らしい選手だとは思うよ。

主審が選手に報復のキック? 経験豊富な人物の“暴挙”。前代未聞、衝撃的な珍事の顛末(フットボールチャンネル)試合終盤に起きたとんでもない珍事 1月14日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

シャ プロン トニー

👀 そんなシャプロン氏が英公共放送「BBC」の「BBCワールドフットボールポッドキャスト」に登場。

2
痛みや恐怖も感じたし、疲れていた。 トニー・シャプロン主審がナントDFジエゴ・カルロスと衝突して転倒すると、なんとレフェリーは起き上がりながら同選手をキックした。