光秀 生存 説。 「麒麟」本当に来るのか!? 光秀生存説かとネット考察沸く…残り2回/芸能/デイリースポーツ online

「家康の黒幕説」か「光秀の生存説」か…大河『麒麟がくる』が張った“本能寺への伏線“

生存 説 光秀

🐝 もし同一人物なら、なんとも面白い話ではありますが・・・。 光秀の娘である細川ガラシア(お玉)の子どもの血は、驚くべきことに現在の天皇家に受け継がれているし、岩倉具視とその玄孫(ひ孫の子)である俳優・加山雄三さんも光秀の子孫とされている。 しかし光秀伝説は、江戸でだけ語られていたものでもありません。

9
実は小栗栖で死んだのは光秀ではなく、荒木山城守という家臣で、光秀はこれを自分の身代わりとして首を埋め、そのまま落ち延びたという話もあります。 では「光」は、となると将軍家の嫡男につける程の「光」の字を持った権力者は見当たらず、「光秀」からもらったのではないかと推察されるようになりました。

『麒麟がくる』明智光秀“生存エンド”の理由 波乱の1年をへて、NHKは今後も長谷川博己を重用か|日刊サイゾー

生存 説 光秀

😎 また光秀の埋蔵金を、天海が掘り起こしたという推測もあります。

3
しかし秀吉側からすると見せしめという意味でも「仇を打ったヒーローという立場」としても問題なし、というのはどうだろうか。 NHKにとっては、史上最も波乱ずくめだった作品として一生忘れられない一作になったでしょう。

「麒麟がくる」完結 光秀“生存説”?ネット騒然 まさかの最終回ラストシーンにNHK異例言及― スポニチ Sponichi Annex 芸能

生存 説 光秀

😃 光秀一行はこのままではいずれ捕まることは時間の問題だと悟っていた。 住職に感謝した光秀は、専修院を立ち去る際に「この石に祈願すれば、 歯痛や発熱の際に必ず治癒するだろう」と言い残しました。 その言葉を発し、かの織田信長を討ち果たした明智光秀。

竹槍で深手を負った光秀は股肱の家臣・溝尾茂朝に首を打たせ、茂朝はその首を近くの竹薮に埋めたとも、丹波亀山の谷性寺まで持ち帰ったとも、あるいは坂本城まで持ち帰ったともいわれる。 又は、光秀にそっくりな双子の兄弟がいて、秀吉もその双子の存在を知らず、首は双子のものだったとか…。

明智光秀は生きていた?あながちデタラメでもない光秀=天海説

生存 説 光秀

😈 不思議なのは、家臣たちも多少討たれたという話は全く無く、光秀のみピンポイントで討たれている点です。 信長に心酔する蘭丸は、信長と心中することで、その心と体を独占することを願う。

「光秀の首を発見した長兵衛」の名が地域伝説的に浸透していたであろうことは想像に難くない。

明智光秀は本当に死んだのか?光秀生存伝説ミステリー » 歴レポBlog

生存 説 光秀

😗 比叡山の叡山文庫には、俗名を光秀といった僧の記録がある。 しかし川口先生によると、そもそも光秀を討ったとされる人物や、切り落とされた首の発見状況にも疑わしい記述が散見するという。 その後、豊臣秀吉との戦いで負けて、逃亡する途中に竹やぶで農民の竹槍によって死亡したとされています。

13
『明智軍記』の中の光秀は、信長から理不尽な仕打ちを散々に受け、恨みに思う気持ちがわかるようなエピソードが複数紹介されています。 光秀の孫 織田昌澄 に対する処遇から、光秀と徳川家は何か関係があるのではと推測する説があります。

明智光秀の謀叛の理由…“本能寺の変”めぐる黒幕の存在「全11説」を一挙公開(AERA dot.)

生存 説 光秀

❤ 光慶に関しては、山崎の戦い後に病死、あるいは自死したとする説がある一方、生き延びて京都・妙心寺を頼り、僧侶になったという説もある。 しかし、地元では明治以降に命名されたと云われているようで、同一人物の根拠としては弱いと思います。

5
主な著書に『豊臣政権の支配秩序と朝廷』『関ヶ原合戦と石田三成』(以上、吉川弘文館)、『関白秀次の切腹』(KADOKAWA)など。

明智光秀生存説

生存 説 光秀

😃 しかし川口先生は「光秀=天海説は近現代になって主張され始めたもので、こじつけの域を出ないものがほとんど」と話す。 笑 このようなことから見ると、光秀=天海説はちょっと厳しいものがあるかと思われます。

11
豊富な買取実績を持つコンシェルジュが丁寧に査定し、商品の価値を見極めます。 光秀は麒麟を呼べたのでしょうかね?? 歴史ってロマンあるよねーーー。

明智光秀生存説ふたつ 天海上人に転生? 美濃で隠遁?

生存 説 光秀

☎ また、肖像の余白に書かれた画賛には、「あと少しで百歳だったのに」と、光秀が天正10(1582)年の本能寺の変、山崎の戦い後も生き延びた-とも読める一文がある。

17
そして、4代将軍・徳川家綱の「 綱」は光秀の父・明智光 綱、7代将軍・徳川家継の「 継」は光秀の祖父・明智光 継からもらったものとする説もあります。 光秀が亡くなったはずの天正10年(1582年)以後に、比叡山に光秀の名で寄進された石碑が残っている。