ラグナ ロッカー。 被害が急増しつつある進化型のランサムウェア「Ragnar Locker」について知る

カプコンにサイバー攻撃 顧客情報など36万件流出の恐れ:時事ドットコム

ロッカー ラグナ

🤣 さらにRagnar Locker(ラグナ・ロッカー)は、Windowsによるファイルの自動復旧を妨げるために、Windowsが自動的に生成するバックアップファイル(シャドウコピー)も削除します。

7zと追加の公開が続いている。 発信元はラグナロッカーを名乗る集団。

カプコン情報流出 ロシア系組織が関与か

ロッカー ラグナ

😂 問い合わせはフリーダイヤル(0120)400161(ゲームユーザー問い合わせ窓口)、(0120)896680(総合問い合わせ窓口)まで。

10
近年は偽のデジタル署名を付け、安全なファイルを偽装する手法が確認されており、今回も同様の手口を使った可能性がある。 正規のツールを隠れ蓑にして自身の攻撃活動を隠匿 Ragnar Locker(ラグナ・ロッカー)の第二の特徴は、自身がセキュリティツールによって検知されることを、これまで以上に巧みにかわしている点にあります。

【ハッキング】カプコン、ラグナロッカーにデータのアクセス権限を奪われ11億円支払いへ

ロッカー ラグナ

❤ 同社は取材に「まだ調査中で、現時点では顧客情報の漏えいは確認されていない。 同社の相談を受けた大阪府警が情報収集している。 機密情報の公開中止と暗号解除の2つと引き換えに、身代金を追跡されにくい「暗号資産(仮想通貨)」で要求する。

カプコンは4日、外部からの不正アクセスで、2日未明からメールシステムやファイルサーバーなどにアクセスしづらい障害が発生したと発表。 記事によると(翻訳) ・ 2020年11月2日、 日本のゲーム開発者であるカプコンがランサムウェア攻撃に見舞われました。

カプコンへのサイバー攻撃、Ragnar Locker(ラグナロッカー)が窃取したとみられるファイルの追加公開を継続

ロッカー ラグナ

🤭 これにより、攻撃の拡大を防ぐために企業ネットワークの一部を停止したと発表しました。 カプコンの社内ネットワークを使えなくしたのですから、相当の額の賠償金が請求されるものと思います。 しかし、現在は身代金まで要求するという悪質性が増しています。

8
氏名や住所、パスポート情報が含まれる。 に hiroshidrp より. カプコンは4日、不正アクセスによるシステム障害が原因で、2日未明以降に社内ネットワークを一時停止させたと公表していました。

カプコンの内部情報流出か サイバー犯罪集団が犯行声明―「取引」要求し一部公開

ロッカー ラグナ

😔 同社によると、2日未明に不正アクセスを受け、メールやファイル管理などの社内システムに障害が発生。 数が多いのでここでの紹介は割愛しますが、共通する症状があります。 この点においてはRagnar Locker(ラグナ・ロッカー)も同様で、まずは感染端末上のデータを暗号化して身代金の要求を行います。

11
おそらく、この順序で攻撃されたと思うのですが、データを奪うと同時に暗号化をしていくのだと思います。 犯行グループは「RAGNAR LOCKER(ラグナ ロッカー)」を名乗る集団で、「ランサムウエア」と呼ばれるコンピュータウイルスが使われていた。

被害が急増しつつある進化型のランサムウェア「Ragnar Locker」について知る

ロッカー ラグナ

🤙 (この記事は定期的に新しいファイルやデータをダウンロードできるように更新していきますので、フォローしてください。

14
実はこのランサムウェアには、いろいろな種類があるといわれています。